お嬢様を安く呼ぶ方法

赤いランジェリー

大きく分けて、デリヘルは「格安店」と「高級店」という種類に分かれる。このうち、ここでは思いきって高級店での遊び方について見てみよう。
群馬にも、高級店に属するデリヘルは存在している。たとえば、群馬で高級店と呼べるのは、お嬢様系の女の子がいるデリヘルだ。ご両親の愛情を一身に受け、お金に糸目なく何不自由なく育てられ、美しく成長した、おしとやかで清楚な箱入り娘。そんな「お嬢様系」の女の子が、好奇心を満たすために応募して働きはじめるデリヘルは、何しろ質の高い女の子ばかりが揃うことになるので、どっちかといえば高級店に属するということになるのだ。
ただ、もちろんコンビニワインに比べて高級ワインの値段が高いように、普通のデパートで買うシャツに比べて高級ブランドのシャツの値段が高いように、格安デリヘルに比べて、高級デリヘルでもそこそこお金がかかることになる。要するに、けっこうお金のかかる遊びということになるのだ。
でも、群馬の高級デリヘルを、安めの料金で理容する方法はないわけではない。たとえば昼の料金と夜の料金が違うというデリヘルがある。群馬では、他のどんな街でもそうだが、人は昼に働き夜に遊ぶ。つまりデリヘルからすると、夜に比べて昼は客が少ないということになる。この時間帯に、料金を下げることによってより多くの目を引こうというのが、デリヘルの考えなのだ。つまり、群馬の高級デリヘルを安めの料金で遊ぶには、「昼に遊びに行く」というワザを使うべきなのである。